美容

【免許証の写真】女性の服装と髪型は?ひどい結果にならないためのポイントと対策

免許証の写真,女性の服装と髪型は?ひどい結果にならないためのポイントと対策

免許証の写真って、なかなか上手く撮れないことが多いですよね。

いつも免許証がひどい写真になってしまい、見せるのが恥ずかしいなんて女性も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、免許証の写真がひどい結果にならないためのポイントと対策をご紹介します。

  • 服装で顔を明るく見せる。
  • 髪型でスッキリした印象に見せる。
  • 絶対失敗したくないなら、写真を自分で撮影する。
  • メイクは部分的に濃くする。

それぞれの理由を詳しく解説していきますね。

免許証の写真を失敗しない女性の服装は?

免許証の写真,女性の服装と髪型は?ひどい結果にならないためのポイントと対策

服の色

おススメの色は、白もしくはベージュです。

服の色が顔に反射することで、プロのカメラマンが使うレフ板と同じ効果が得られるためです。

トップスはもちろん、ボトムスも白系の明るい色にすることで、顔色がより明るく写りますよ。

服装の他にも、白いハンカチやクリアファイルを太ももの上にのせて撮影するのもオススメです。

反対に、避けるべき服装の色は、です。

免許センターでの撮影の背景色は青のため、服の色と同化してしまい、顔や首元が浮き上がって不自然に見えてしまいます。

青の他にも黒・赤・緑・黄色で濃い色の場合、服の色が顔に反射して血色が悪く見えてしまうため、避けた方が無難です。

服のデザイン

オススメの服装は、VネックUネックです。首元をすっきりさせることで小顔に見せることができます。

ただし襟元が大きく開きすぎたものには注意です。

写真では服装がほとんど写らず、裸に見えて、後から恥ずかしい思いをしてしまいます。

服装は、免許証の写真の場合少ししか写りませんが、顔をより美しく見せてくれる重要なポイントです。

免許証の写真に悩んでいる女性は、ぜひ服装に気を付けてみてください。

免許証の写真を失敗しない女性の髪型は?

免許証の写真,女性の服装と髪型は?ひどい結果にならないためのポイントと対策

女性の髪型のポイントは、顔周りをスッキリさせることです。

普段の写真であれば、小顔に見せるために輪郭を髪で隠しがちですよね。

しかし、顔のみが写る免許証の場合、逆効果となり、顔が大きくみえてしまいます。

ショートの方は耳にかける、ロングの方はハーフアップにすると、顔周りがスッキリします。

また、前髪にも要注意

顔にかかっていると、髪の影によって顔色や人相が悪く見えてしまいます。

さらに、顔や目元が隠れてしまうと、免許証写真として使えず、スタッフから直すよう注意される場合もあります。

その場で髪型を直すのは焦りますよね。

しかも鏡が無い状況なので、失敗する可能性が大きくなってしまいます。

前髪は横に流し、垂れてこないようピンやスプレーで固定しましょう。

免許証写真の髪型に悩む女性は、ポイントを踏まえた上で事前にしっかり準備することで、失敗を防ぐことができます。

免許証の写真がひどい結果にならないための対策

免許証の写真,女性の服装と髪型は?ひどい結果にならないためのポイントと対策

もっとも確実な対策は、「写真を自分で用意する」ことです。

免許証の写真は、免許センターなどで当日撮影したもの以外に、自分で用意したものを使用することができます。

免許証センターなどでの場合、どんなに準備を万全にしても、上手く撮れないという方もいるのではないでしょうか。

その理由は、慣れない場所での撮影であり、撮影時は次の人が待っていて焦ってしまうため、つい表情が硬くなってしまうからです。

とはいえ、できるだけ失敗はしたくないですよね。

そんな方には自分で写真を用意するのがオススメです。

写真を自分で用意する方法

自分で写真を用意するメリットとして、

自分のカメラで撮影する証明写真機で撮影するプロに撮ってもらうなど自分に合った方法が選べることが挙げられます。

しかも、自分が納得いくまで撮り直しができます。

さらに、背景色が選べるのも大きなメリット。

ピンクやブラウンなど、顔色が良く見える背景色を設定することができます。

デメリットとして、お金と手間がかかることが挙げられます。撮影料やプリントアウトするのに多少お金や手間が必要になります。

また、免許証用の写真には基準が定められおり、基準を満たしていることが必要。

基準を満たしていなければせっかく用意した写真も無駄になってしまいます。

免許証の写真の基準は各都道府県警察でそれぞれ異なります。

事前にホームページで確認した上で撮影しましょう。

多少のデメリットがありますが、いつも免許証の写真で失敗して悩んでいる、という女性にとっては、取り直せることや、使う写真を自分で選べるメリットは大きいですね。

免許証の写真は濃いメイクやリップ・カラコンはNG?

免許証の写真,女性の服装と髪型は?ひどい結果にならないためのポイントと対策

濃いメイクやカラコンのすべてがNGではないです。

ただし、撮影した写真が、普段の自分と大幅にかけ離れていないことが条件です。

免許証は本来、本人であることを証明するためのものでもあります。

メイクを濃くしすぎると、普段の自分とはかけ離れてしまい、本人証明の写真として不適切です。

一方で、メイクを控ひかえめにしすぎると、血色が悪く見えたり、ぼやけた印象になり、失敗の原因となってしまいます。

免許証の写真のメイクでは、濃くする部分と、ひかえめにする部分を区別することが大切です。

濃いめにする部分
  • ベース…コンシーラーでクマやシミなどしっかり隠す。
  • アイブロウ…フラッシュで白く飛んでしまうので普段よりやや濃いめにする。
  • アイシャドウ…白飛びするので、やや濃いめがオススメ。
  • チーク…しっかりのせて顔の血色を良く見せる。
  • リップ…ピンクや赤などの血色を良く見せる色を選ぶ。

いずれも白飛びや血色を意識して「いつもよりちょっと濃いかな…」くらいがちょうど良いです。

なお、リップの色はベージュやボルドーは不健康に見えるので避けた方が無難です。

ひかえめにする部分
  • マスカラ…濃すぎると影になり、目元がくすんで見えてしまいます。
  • ハイライト…フラッシュで反射してしまうので、うすめにしましょう。
  • カラコン…ナチュラルなものか、付けない方が無難です。

とくにカラコンについて、各都道府県で基準が異なりますが、眼の色や大きさが大幅に変わるものはNGとしている場合が多いようです。

撮影時に外さなければいけなくなるかもしれません。

あなたのお住まいの地域で、カラコンの着用がOKか、あらかじめ基準を確認して

おきましょう。

普段するメイクとはポイントが少し異なることを意識するだけで、失敗を防ぐことができます。

まとめ

免許証の写真がひどい結果になってしまいがちな女性向けに、失敗しないためのポイントと対策についてお伝えしました。

  • 服装で顔を明るく見せる。
  • 髪型でスッキリした印象に見せる。
  • 絶対失敗したくないなら、写真を自分で撮影する。
  • メイクは部分的に濃くする。

免許証の写真は、女性の場合、普段のメイクや髪型、服装との違いを意識するだけで、失敗を防ぐことができます。

今回紹介したポイントや対策をしっかり押さえて、最高の写真を撮りましょう。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!