※本ページはアフィリエイト広告を利用しています

生活 PR

ウタマロ石鹸にデメリットはある?効果や液体・スプレーとの違いは何?

うたまろ石鹸デメリット
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ウタマロ石鹸にデメリットはあるのか気になりますよね。

  • うたまろ石鹼にデメリットはある?
  • うたまろ石鹸にはどんな効果がある?
  • うたまろ石鹸の液体タイプは何が違う?
  • うたまろ石鹸のスプレータイプは何が違う?

このようなウタマロ石鹸の疑問について調べました。

ウタマロ石鹸にデメリットはある?
  • うたまろ石鹸のデメリットは「デリケートな衣類に使用できない」「色柄物に使用できない」の2つ
  • うたまろ石鹸の効果は「ガンコ汚れを落とす」「除菌・消臭効果」「自然環境にやさしい」の3つ
  • 液体タイプのうたまろ石鹸は簡単におうちクリーニングができる
  • スプレータイプのうたまろ石鹸は家中の掃除に使える

固形のウタマロ石鹸、液体タイプ、スプレータイプ、それぞれの特徴について詳しく解説していきます。

▼ウタマロ入門セットで衣類の汚れもおうちの汚れもピカピカにしちゃいましょう!

うたまろ石鹸にデメリットはある?

うたまろ石鹼は汚れが落ちると評判だけど、デメリットもある?

口コミ評判が良いうたまろ石鹸に、デメリットはないのか気になりますよね。

調べたところ、固形のうたまろ石鹸のデメリットは以下の2つがありました。

  • デリケートな衣類に使用できない
  • 色柄物に使用できない

ここからは2つのデメリットについて解説していきます。

▼ウタマロ石鹸で洗えば、お子さんの上靴もキレイに白くなりますよ!

デリケートな衣類に使用できない

固形のうたまろ石鹸は弱アルカリ性のため、デリケートな衣類には使用できません

弱アルカリ性は中性に比べて洗浄力が高く、衣類に負担がかかってしまうからです。

デリケートな衣類の汚れを落としたいときは、後ほど紹介する液体タイプのうたまろがおすすめですよ。

色柄物に使用できない

蛍光増白剤が入っているため、色柄物は色落ちや変色をする可能性があります

固形のうたまろ石鹸は、白いものをより白くするのが一番の特長です。

白いユニフォームや靴下の泥汚れ、ワイシャツのエリやソデの汚れを落とし、白く仕上げるのに適しています。

色柄物の汚れを落としたいときにも液体タイプのうたまろがおすすめです。

うたまろ石鹸にはどんな効果がある?

うたまろ石鹸の効果について知りたいわ。

うたまろ石鹸の効果には以下の3つがありますよ。

  • ガンコ汚れを落とす
  • 除菌・消臭効果
  • 自然環境にやさしい

口コミ評判などでうたまろ石鹸はガンコ汚れを落とすことで知られていますね。

ここからは、うたまろ石鹸の3つの効果について解説していきます。

ガンコ汚れを落とす

うたまろ石鹸には通常の洗濯では落ちにくいガンコ汚れを落とす効果があります。

泥汚れ、エリ・ソデ汚れ、化粧品汚れ、食べこぼし汚れなどのガンコ汚れを落とす力があるんです。

あきらめていたガンコ汚れも、洗濯前に簡単な部分洗いをすればまっ白になりますよ。

固形のうたまろ石鹼の効果的な使い方は以下です。

ウタマロ石けんの使い方
  1. 汚れた部分をぬらす
  2. 汚れた部分にウタマロ石けんを塗りつける
  3. キレイなぬるま湯ですすぎ、軽くしぼる
  4. かたちを整えてから乾かす

ここからは、上記の手順について簡単に説明していきます。

汚れた部分をぬらす

洗剤をなじみやすくするために、汚れた部分をぬるま湯につけてしっかりぬらします。

この時点で落とせる汚れは落としておきましょう。

汚れた部分にウタマロ石けんを塗りつける

汚れた部分に直接ウタマロ石けんを塗りつけます。

石けんを多くつければ汚れが落ちると思いがちですが、量はあまり関係ありません。

汚れた部分にまんべんなく塗っておいてください。

ウタマロ石けんは緑色なので、石けんがきちんとついているか確認しやすいですよ。

もみ洗いをする

ウタマロ石けんを塗りつけたら、ゴシゴシもみ洗いをします。

もみ洗いしにくいエリやソデまわりには、洗濯ブラシや歯ブラシを使いましょう。

つけたウタマロ石けんの緑色がなくなったときがきちんともみ洗いできたサインです。

キレイなぬるま湯ですすぎ、軽くしぼる

もみ洗いしたあとは、キレイなぬるま湯で泡がなくなるまですすいでください。

しぼるときに力を入れすぎると衣類を傷めたり、型くずれの原因になったりするので気を付けましょう。

もみ洗いしたあとにすすぎをせず、そのまま洗濯用洗剤の入った洗濯機に入れて他のものと一緒に洗濯してもいいですよ。

かたちを整えてから乾かす

最後にかたちを整え、衣類の洗濯表示にしたがって乾かしましょう。

肩跡のつかないラウンド型のランドリーハンガーなどを利用するのもいいですね。

衣類についた酸性の皮脂汚れには、固形のうたまろ石鹸が抜群の効果を発揮します!

固形のうたまろ石鹼には、通常の洗濯で失われていく衣類の白さを取り戻すために蛍光増白剤が配合されています。

ちなみに、うたまろ石鹼に使用されている蛍光増白剤は安全性が確認されているものです。

除菌・消臭効果がある

うたまろ石鹸には除菌・消臭効果があります。

ただし、全ての菌を除菌するわけではありません。

うたまろ石鹼は、生活の中で気になるニオイの汚れも一緒に除去してくれるんですよ。

自然環境にやさしい

うたまろ石鹸は自然環境にやさしいという効果もあります。

うたまろ石鹼の主成分である純石けん分(98%、脂肪酸ナトリウム)は、生分解性が高く、自然環境にもやさしい成分なんです。

また、うたまろ石鹼には持続可能な社会に少しでも貢献できるように、外食産業などで使用された食用油を回収・精製したリサイクル油が使用されています。

うたまろ石鹸の液体タイプでおうちクリーニング

液体タイプのうたまろ石鹸は、簡単におうちクリーニングができる優れものです!

液体タイプのうたまろ石鹸(ウタマロリキッド)は、通常の洗濯ではなかなか落ちにくいガンコ汚れを落とす部分洗い用液体洗剤です。

固形のうたまろ石鹼と違い、中性で無蛍光なので色柄物やデリケートな衣類にも使えるんですよ。

ガンコ汚れもスッキリ落とすのに、生地の色柄や風合いは守ってくれます。

また、ウタマロリキッドはアミノ酸系の洗浄成分でつくられているので、手肌と環境にやさしいんです。

固形のうたまろ石鹸で手荒れが気になったあなたには、液体タイプがおすすめですよ。

固形のうたまろ石鹼で洗うのをためらっていた衣類に使ってみようかしら♪

液状なのでゴシゴシこすりつけなくても、垂らすだけで部分洗いができるのも便利ですね。

ただし、原液をつけて5分後に白い布で押さえた時、白い布に色がつくものは色落ちする可能性があります。

心配なときは、目立たないところで試してから使ってください。

液体タイプのうたまろ石鹼(ウタマロリキッド)の効果的な使い方は以下です。

ウタマロリキッドの使い方
  1. 汚れた部分をぬらす
  2. ウタマロリキッドを汚れた部分に直接つける
  3. やさしくもみ洗いをする
  4. (部分洗いなら)きれいなぬるま湯ですすぎ、軽くしぼる
  5. (全体洗いなら)ぬるま湯に液体洗剤を適量入れる
  6. やさしく押し洗いをする
  7. きれいなお湯ですすぎ、軽くしぼる

ここからは上記の手順について簡単に説明していきます

汚れた部分をぬらす

洗剤をなじみやすくするため、汚れた部分をぬるま湯につけてしっかりぬらします。

この時点で落とせる汚れは落としておきましょう。

ウタマロリキッドを汚れた部分に直接つける

ウタマロリキッドの出しすぎを防ぐために、一度液体をキャップに入れます。

キャップに入れた液体を、汚れた部分に直接つけましょう。

分量は汚れ全体に広がる程度が目安ですが、少量でも広がりやすいです。

様子を見ながら少しずつ垂らしていってくださいね。

やさしくもみ洗いをする

ウタマロリキッドを汚れにつけたら、やさしくもみ洗いをします。

繊細な素材でできたニットウエアは、余計な力を入れずやさしく洗うのが基本ですよ。

(部分洗いなら)きれいなぬるま湯ですすぎ、軽くしぼる

部分洗いだけであれば、汚れが十分落ちているのを確認してすすぎに移ります。タライのぬるま湯をきれいなものに代えてよくすすいだあと、手で軽く絞って脱水します。

(全体洗いなら)ぬるま湯に液体洗剤を適量入れる

全体洗いなら、5Lのぬるま湯に対してウタマロリキッドは5mlが適量です。

部分洗いからそのまま移行するときは、④のすすぎは省いても構いません。

やさしく押し洗いをする

衣類全体をタライの中につけ、手でやさしく押し洗いをします。

液体洗剤が全体になじむように20〜30回ほど押したり持ち上げたりを繰り返してください。

きれいなお湯ですすぎ、軽くしぼる

押し洗いをしたあとは、きれいなぬるま湯でよくすすいでください。

しぼるときに力を入れすぎると、衣類を傷めたり、型くずれしたりしてしまうので、やさしい力加減でしぼりましょう。

洗剤が残っていると変色の原因になるため、すすぎは念入りに行ってくださいね。

かたちを整えてから乾かす

最後にかたちを整え、衣類の洗濯表示に従って乾かしましょう。

ニット製品はハンガー干しをすると身頃やソデが伸びてしまうため、平干しするのがおすすめですよ。

うたまろ石鹸の液体タイプ(ウタマロリキッド)は計量キャップ付きで、洗濯機で一般の洗濯用洗剤としても使えます。

うたまろ石鹸のスプレーは家中の掃除に

スプレータイプのうたまろ石鹸は、家中の掃除に使えますよ。

スプレータイプのうたまろ石鹸(ウタマロクリーナー)は、キッチンまわり、お風呂、トイレ、窓ガラスのガンコ汚れのお掃除に使えるんです。

水拭きできるものなら、家具、床、壁紙などのお掃除にも使えます。

中性の洗剤はアルカリ性と比べて油汚れに弱いって聞いたわ。

スプレータイプのうたまろ石鹸(ウタマロクリーナー)は中性でも、油汚れもしっかり落とします。

ガンコ汚れに狙い打ちしやすい泡で汚れに密着するんです。

拭き取るときは水でぬらして固くしぼった布を使えば、汚れが楽に落ちますよ。

基本的に2度拭きは必要ありませんが、洗剤の残り感が気になる場合は拭いてください。

ウタマロクリーナーもウタマロリキッドと同じく、アミノ酸系の洗浄成分でつくられているので、手肌と環境にやさしいですよ。

スプレーして拭き取るだけなので、手軽に本格的なお掃除ができるのがうれしいですね。

ウタマロクリーナーが使える場所と使えない場所について簡単に説明します。

ウタマロクリーナーが使える場所

スプレータイプのうたまろ石鹸(ウタマロクリーナー)が使える場所は以下です。

  • キッチン周り、コンロ、レンジフード(換気扇)
  • フローリング、窓
  • バスルーム、お手洗い

ウタマロクリーナーは油汚れや皮脂汚れが付きやすいさまざまな場所に使えます。

家中の広範囲をキレイにできるウタマロクリーナーは、掃除場所によって違う洗剤を持ちたくないあなたにおすすめです。

ウタマロクリーナーが使えない場所

スプレータイプのうたまろ石鹸(ウタマロクリーナー)が使えない場所は以下です。

  • 液晶ディスプレイ
  • 石材
  • 革製品
  • 銀製品

上記のような場所はウタマロクリーナーを始めとした中性洗剤が使えません。

表面の変色や変質などのトラブルを起こしてしまう可能性があります。

ウタマロ石鹸にデメリットはある?のまとめ

ウタマロ石鹸にデメリットはあるのかについてまとめました。

ウタマロ石鹸にデメリットはある?
  • うたまろ石鹸のデメリットはデリケートな衣類や色柄物に使用できないこと
  • うたまろ石鹸の効果は「ガンコ汚れを落とす」「除菌・消臭効果」「自然環境にやさしい」の3つ
  • 液体タイプのうたまろ石鹸は簡単におうちクリーニングができる
  • スプレータイプのうたまろ石鹸は家中の掃除に使える

固形のうたまろ石鹼のデメリットは液体タイプやスプレータイプで補えますね。

ガンコ汚れが落ちると評判のうたまろ石鹸は、リピート間違いなしです!

▼ウタマロ石鹸を試してみたいあなたには、この入門セットがぴったり!

スポンサーリンク
error: Content is protected !!