お出かけ

ディズニーにスマホスタンドの持ち込み禁止?撮影OKなグリップアタッチメントとは?

ディズニー,グリップアタッチメントス,マホスタンド,持ち込み

ディズニーはランドもシーもパーク内には、マホスタンド・三脚・自撮り棒(セルカ棒)などの持ち込みが禁止されています。

では、どうやってパーク内でセルフ写真を撮影するのが良いのか解決策をご紹介します!

ディズニーでスマホスタンドの代用は
  • スマホのバンカーリングで自立させる
  • 手帳タイプの携帯カバーで自立させる
  • カバンに立てかける
  • キャストに撮ってもらう
  • 優しそうなゲストに撮ってもらう
  • 解釈によっては自撮り棒を伸ばさなければ使用してもOK
  • ハンディタイプのグリップアタッチメントはOK

キャストや他のゲスト(来園者)に頼むがの苦手な方や、周りにいないときは一番安定して撮影できるのは「バンカーリング」と「手帳タイプのカバー」がおすすめです!

普段は使用しなくても、インパする時だけ装着したり、持ち歩いて撮影時だけ付け替えることもできますよ。

こんな小型タイプの三脚なら持ち込みできる?

グリップアタッチメントってどんなもの?などさらに詳しくご紹介しますね。

ディズニーはスマホスタンドの持ち込み禁止です

素敵な背景をバックに撮影したり、自撮りでエモいシチュエーションをしたいなど、スマホスタンドや三脚、自撮り棒があると便利ですよね。

しかし、ディズニーは撮影機材に関してこのように禁止しています。

東京ディズニーリゾートからのお願い
次の行為はお断りします。
・ハンディサイズのグリップアタッチメントを除き、一脚・三脚・自分撮りスティック等の補助機材の使用

東京ディズニーリゾート公式HP 東京ディズニーリゾートからのお願い

「ハンディサイズのグリップアタッチメントを除き」

という部分の解釈は、ゲストによってまちまちなのですが、実際にインフォメーションに確認した人やパーク内で実際に使用した人の口コミをまとめると…

自撮り棒(セルカ棒)は伸ばさず使用するならハンディサイズのグリップアタッチメントとも解釈できるのでOK

ということで、使用している人もいました。

自撮り棒は伸ばすと他の人や周囲の建物や装飾品などぶつかったりする危険がありますもんね。

では、「ハンディサイズのグリップアタッチメント」とは具体的にどんなものかをご紹介しますね。

ディズニーに持ち込めるグリップアタッチメントとは?

ディズニーが許可している、「グリップアタッチメント」とはどんなものなのかをご紹介します。

こんな感じ↓の片手で握って使うコンパクトなタイプ「ハンドグリップ」とも呼ばれたりしています。

三脚のように、地面やテーブルに自立させて使用するのは禁止ですが、自分の腕の長さの距離を話て自撮りするならOKと解釈できる場合が多いです。

ただし、パレードやショーなどは頭の高さを超えてはいけないというルールがあります。

これはお子さんを抱っこやおんぶ、肩車をして頭の高さを超えてしまう場合もNGです。

「ハンディタイプ」とわざわざ明記していて、「一脚」は禁止されているので大きさは重要になってきます。

ハンディカメラやGoProの場合も「ハンディサイズのグリップアタッチメント」なら使用可能です。

ハンディカメラの場合は↓こちらのグリップアタッチメントがおすすめです。

三脚機能は使用不可ですが、実際にディズニーに確認してから使用されている方がいました。

GoProの場合は↓こちらがおすすめです。

伸びる機能はないので、まさに許可されている安心して使えるハンディグリップです。

ストラップがあるので、手首にかけておけば人混みでも落下の心配がありません。

ただしどのグリップアタッチメントを使用する際も、テンションが上がっていても周囲には気をつけてくださいね♪

ディズニーでスマホスタンド以外でセルフ撮影したい時

グリップアタッチメントは自撮りするときに便利なアイテムですが、離れた場所にスマホを置いて撮影してい時もありますよね。

そんな時は、

  • スマホのバンカーリングで自立させる
  • 手帳タイプの携帯カバーで自立させる
  • カバンに立てかける

で対策が可能です。

バンカーリング↓とはこんな感じです。

このミッキーシェイプのバンカーリングは、他にもカラーがあって可愛いですよ!

水で洗って何度も使えるので、インパする時だけ装着することもできます。

手帳タイプの携帯カバーには、スマホスタンドにもなるタイプもあります。

↑こちらは肩掛けのショルダーや首掛けもできるので、さっと撮影ができますよ。

カード入れも付いているので、チケットやファストパスの保管にも便利です。

ディズニーにスマホスタンドの持ち込み禁止まとめ

ディズニーにスマホスタンドの持ち込み禁止なものと、可能なものをご紹介しました。

ディズニーでスマホスタンドの代用は
  • スマホのバンカーリングで自立させる
  • 手帳タイプの携帯カバーで自立させる
  • カバンに立てかける
  • キャストに撮ってもらう
  • 優しそうなゲストに撮ってもらう
  • 解釈によっては自撮り棒を伸ばさなければ使用してもOK
  • ハンディタイプのグリップアタッチメントはOK

ディズニーが撮影用の周辺機材に規制をしているのは、迷惑行為が過去にあったからです。

三脚で撮影したパレードをDVDにして違法に販売されたり、自撮り棒でトラブルがあったり…

ルールを守れなかった一部のゲストの行動から来ているものなので、今OKとされているアイテムが今後も使用できるように、マナーは守っていきたいですね!

これ持ち込みしても大丈夫かな?

と心配なものは、事前にインフォメーションへ確認するか

入園前の手荷物検査で聞いてみるといいですよ!

もし持ち込み禁止と言われたら、駅などのコインロッカーに預けてから入園してくださいね。

素敵な思い出がたくさん撮影できるといいですね♪

ディズニーへ行くならお得な夜行バスや高速バス・ホテルプランが豊富な楽天トラベルがおすすめ♪

ポイントアップデーも活用すれば、還元率もアップでさらにお得になりますよ!

▶︎楽天トラベルのディズニーお得情報はこちらから♪

スポンサーリンク
error: Content is protected !!